ラブハムスター

ハムスターを15匹飼っている飼育人がお届けする、ハムスターのエサのやり方、ケージの掃除、脱走の問題など、飼育方法を中心にご紹介します。

*

ハムスターの掃除方法6ステップ~準備する物か~掃除後のお世話まで~

   

「ハムスターの掃除頻度は月に1回がベスト。タイミングと注意点について」ではハムスターの掃除頻度や注意点をご紹介しました。

今回はいよいよ、ハムスターのケージを掃除する方法・手順についてをまとめます。

 

1か月~3か月に1回ケージの大掃除をしていれば、臭うこともないし、ハムスターもストレスをほとんど感じることなく過ごすことができます。

掃除はハムスターにとってストレスが大きいことなので、掃除した後のお世話も必要です。

パニックに陥ったときの対処法と、合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

掃除で準備するもの

・スポンジ

・歯ブラシ

・洗剤(中性洗剤or塩素系洗剤orペット用洗剤)

・お湯

・タオル

・袋3枚ほど

 

ケージの掃除方法・手順

①ハムスターを別荘に移動する

まずは掃除がしやすいように、ハムスターにストレスを与えないために、ハムスターを別のケージに移動します。

そのとき、ハムスターの匂いのついた床材を別荘にまいてあげると、ストレスを軽減することができます。

 

うちのハムスターは普段からお散歩させているので、お散歩をさせている間に手早く掃除します。

別荘で砂浴びをする場合は、砂浴びをさせている間にお掃除するのもOKです。

 

②ケージの中身をすべて取り出す

ハムスターを別荘に移したら、ケージにあるものをすべて取り出します。

床材はフンやノミ・ダニなどがいる場合があるので、飛び散らないようにそのまままとめてポリ袋に入れて、口をしっかり閉じておきましょう。

 

ゴミ出しの日に掃除すると、そのまま捨てられるので、うちではゴミ出し日に掃除するようにしています。

水槽・衣装ケースはそのまま洗えますが、金網ケージは分解できるところは分解しましょう。

折れ曲がる部分はゴミがたまり易く、重点的に掃除するポイントとなります。

 

③ケージを洗う

ベストな水場は庭先の蛇口ですが、ない場合はお風呂で、あるいは大きなタルを用意して洗います。

ケージをお風呂用洗剤で洗い、汚れがなかなか落ちない場合は、少しぬるま湯につけてふやかすとよく取れます。

洗剤は中性洗剤や塩素系洗剤なら何でもいいですが、うちではペット用のお掃除スプレーを使っています。

 


シュシュット! おそうじ泡スプレー

 

除菌効果があるので、これで掃除するだけできれいになり、除菌する手間も省けます。

汚れがこびりついている場合は、汚れにスプレーを吹きかけて2~3分放置した後にふき取るときれいに取れます。

植物性の成分なので、ハムスターが舐めても安全です。

これでケージと巣箱、エサ入れ、トイレ、回し車、水飲み、おもちゃなど、お湯で全てを洗います。

 

そそぎのポイント

洗剤で洗ったら、お湯でよく注ぎましょう。

十分に洗剤が取れたと思った時点で、もう一度最初から洗い流すくらいがちょうどいいです。

 

隅を掃除する

巣箱など小さなアイテムの隅は、とくに汚れがたまりたまりやすいので念入りに掃除します。

スポンジでは汚れに届きにくいので、歯ブラシやポイントブラシなどで磨くと取れやすいです。

 

④ケージを吹き上げる

ハムスターは湿気に弱いので、水滴は十分に拭き上げましょう。

金網ケージは、一つ一つの金網にタオルを滑らせて拭きあげます

巣箱などの小物は、中に水滴が残りやすいのでこれもタオルに歯ブラシやお箸を包み、隅々を拭きましょう。

細かい部分はドライヤーで温めて水けを吹き飛ばしてもいいです。

 

⑤物を元の場所に戻す

ケージの前後の位置に気を付けて、巣箱やトイレを元あった場所に戻します。

ちょっと模様替えしようかな、と物の位置を動かしてはいけません。

 

掃除して自分の臭いがなくなっただけでもハムスターにはストレスなのに、物の位置が変わってしまっては怒ってしまいます。

ケージの底に新聞紙をひいておくと、ケージが汚れにくく、次の掃除のときに新聞紙を取り替えればスムーズです。

また、新聞紙のインクが湿気も吸ってくれるので、健康的にもおすすめです。

 

前の床材を少量混ぜる

きれいに掃除したいのはやまやまですが、ハムスターが不安に感じないように、新しい床材に前の床材を少量(7~9割)混ぜておきましょう。

自分の臭いがあることで、パニックを起こしにくくなります。

ノミ・ダニがいる場合は、床材を混ぜるとまた発生してしまうので、すべて取り替えます。

 

⑥ハムスターをケージに戻してエサをあげる

ケージを整えたら、ハムスターをお部屋に返してあげます。

このとき、ハムスターは部屋から臭いがなくなっていることに気が付き、うろうろして臭いをつけたり、物の位置を確認したりします。

ショックを受けやすいのが、巣箱に隠していたエサがなくなっていることです。

 

そのショックを和らげるために、また、掃除のストレスを軽減させるために、ケージに戻したタイミングでエサを与えます。

そのときハムスターが好きなおやつを与えるのも効果的です。

ハムスターが、「部屋がきれいになった後は、おやつが貰える」と思って、ストレスが少なくなり、パニックを起こしにくくなります。

 

ダニ・ノミがいる場合の消毒方法

ケージにダニ・ノミが発見された場合は、ケージ全体を殺菌消毒しなければなりません。

熱湯に漬けこむか、中性洗剤に10分ほど漬けこめば消毒できます。

熱湯で消毒する場合は、お湯を沸かすのは時間がかかるので、あらかじめケージが浸るくらいのお湯を沸かしておきましょう。

これは毎回はしなくて大丈夫です。

スポンサーリンク

掃除した後のハムスターの様子にも注意

掃除はハムスターが最もストレスを感じやすいので、掃除後はとくにハムスターの様子に気を配っておきましょう。

 

・巣をうろうろして落ち着かない

・巣の中を走り回る

・ケージをよじのぼる

・巣箱に入ろうとしない

・いつもあげない鳴き声をあげる

・エサを少量しか食べなくなった

・トイレを違う場所でするようになった

・お散歩に行かなくなった

 

このような症状が出る場合は、ケージを掃除したことに不安を感じ、パニックを起こしている可能性があります。

人にとってはきれいになって気持ちの良いことでも、ハムスターにとっては巣を荒らされた最悪の出来事です。

 

パニックがある場合の対処法

上記のような症状がみられた場合、通常のお掃除方法とは少し変える必要があります。

 

・7~9割新しく変える床材を4~6割にする

・ケージをこまめに掃除しやすい水槽か衣装ケースに替える

(水槽、衣装ケースだと、普段から濡れティッシュで拭くだけでもきれいになります)

・できる限り掃除頻度をのばす

(普段からこまめに掃除して、汚さないハムスターなら最長4~5か月は延長できます)

・物などを分けて洗う

 

このような方法で、できるだけ掃除のストレスを感じさせないようにしましょう。


スポンサーリンク

 - 飼い方 , , , , , , , ,

  関連記事

ハムスターの水浴びって必要?デメリットとその理由について

ハムスターに水浴びは必要? 自分にとっての一番のストレス解消法は「お風呂」。とい …

おすすめのハムスターブログ【ゴールデン・ジャンガリアン・キンクマ】

ハムスターを飼っていると、他のお家のハムスターも気になってきます。 他のお家のハ …

旅行に行くときのハムスターの留守番方法。何日までが目安?

みなさんも経験があるかもしれませんが、ペットを飼っていて一番困るのは、飼い主が旅 …

ピカピカにして清潔を保とう!ハムスターのケージの掃除のしかた

ハムスターは思った以上にきれい好きです。 ケージ内は常に清潔にしておきたいもので …

寿命が1年延びる!ハムスターにストレスを与えない飼育方法

「分かりにくいハムスターのストレスサインを読み解く12の行動」では、ハムスターが …

ハムスターが外に出たがる理由。満足させるためにすべき6つのこと

ハムスターの行動範囲は広大! まずハムスターが外に出たがる理由は、「餌を探し回り …

ハムスターの毛並みをツヤツヤに!ボサボサになる原因とは?

ハムスターの魅力はなんといっても毛並みの良さでしょう。 ついつい触りたくなるので …

長生きするジャンガリアンハムスターの飼い方。性格や特長、おすすめグッズまで

みなさんはお家でどんなハムスターを飼っているでしょうか? 頭がよく、飼い主にもよ …

暑い夏はハムスターにクーラーは必須!温度の設定と管理方法

ハムスターは暑さに弱いです。 もっとも寒さにも弱く低体温になったらすぐに疑似冬眠 …

初めての赤ちゃんハムスターの育て方。餌の量から掃除方法まで

ペットを飼っていて一番うれしい瞬間とはどんな時でしょうか? きっとペットが自分を …