ラブハムスター

ハムスターを15匹飼っている飼育人がお届けする、ハムスターのエサのやり方、ケージの掃除、脱走の問題など、飼育方法を中心にご紹介します。

*

ハムスターが喜ぶことはこれだ!食べ物やおもちゃ、接し方まで

      2018/10/08

ハムスターを飼っていると、小さいながらもそれぞれに個性があることがわかります。

大人しいハムスターや、活発で脱走ばかりを企てるハムスター、それぞれ見ていて面白いです。

今回は、ハムスターが喜ぶことをまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

ハムスターが喜ぶ環境とは?

ハムスターが喜ぶ環境について、いくつか取り上げてみたいと思います。

やはり、ハムスターは人工繁殖であっても、本来の習性が色濃く残った動物ですので、それに合わせた環境に慣れさせる方が、ハムスターは喜ぶというものです。

 

・巣作り(寝床)が作れる狭くて暗い、ハムスターの居場所をケージ内に作る

・地面を掘る動作ができるように、床材はなるべく厚めに敷いておく

・体を清潔に維持できるように、乾燥した専用の砂を入れた砂場をケージ内に設置する

 

・明るく直射日光の当たらない静かな部屋で、静かでいつでも寝られる環境があること

・歯の伸び過ぎを予防するため、かじり木など、好きなだけかじる事ができるアイテム

・巣作り(寝床)が作れる安全な素材がケージ内にいつでもある

 

・運動ストレス解消の回し車を必ず設置する

・あまり多くのハムスターを同じケージで一緒に飼わない

 

いってみれば、ハムスターらしい生活ができる環境をケージ内に揃えてあげることですね。

また複数飼う場合でも、基本は単独で飼うのが好ましいとよく覚えておくと良いです。

 

ハムスターの慣らし方

よく頻繁に活動する、夕方から夜におやつを与え、その時に手から手渡すことを続けると、徐々にハムスターは、人の「手」を怖がならくなります。

ハムスターにとって、人の手は巨大な物体が目の前にあるのと同じで、「食べられてしまう!」

 

と、とても怖がるので、おやつを与えるときは、動作をゆっくりで、手はジッと停止したまま、ハムスターが自分で取るまで根気よく待ちましょう。

最初は匂いを嗅いでから口でおやつを引っ張りますが、最初はケージ内に指を入れない方が良いです。

 

餌と間違えてかじって痛い思いで、思わず大きな声や、手を払うと、ハムスターは驚いて余計に警戒して慣れてくれません。

また、一度におやつで慣らすよりも、数回で留めて毎日やる方が早く慣れてくれます。

 

ハムスターも記憶力はあるので、一度喜んだおやつの記憶は、ずっと残しているものなんです。

言い方は悪いですが、やはりハムスターを喜ぶのは、最初は餌なんですね。

 

少しずつ慣れてきたら?

ハムスターのケージに近づいたら、ハムスターがこちらを見るようになる時が訪れます。

そこでもいきなりケージの中に手を入れず、今度は小さな声でハムスターを呼んでみましょう。

お子さんなら、ハムスターに名前をつけてあげるのも良いです。

 

ハムスターにおやつを手から与える時に、名前を呼んであげるだけでも、ハムスターは人の声を覚えます。

おやつでハムスターのご機嫌を伺いながら、ハムスター自ら進んで近づいてきたら、いよいよ、”手乗り”の準備です。

 

まずはおやつでいつものように先に与えて喜ぶ様子を見てから、ケージの隙間に指をハムスターの近くに置いておきます。

この時かじっても、少し我慢してください。大きな声を出さずに、クンクン匂いを嗅ぐだけになったら、手乗りデビューはもうすぐです。

 

ハムスターが喜ぶのは、温かい場所

人の手の平も体温で、温かい部屋にいれば温度が上がります。この温かい心地よさが、ハムスターには気持ちが良いんですね。

最初に初めてハムスターに触るときは、背中側の後ろから、背中を少し撫でてください。

この時、ハムスターが驚いてひっくり返るときは、ハムスターの警戒心がマックスの時です。

 

その場合は、すぐに動作をやめてあげましょう。

 

少し触って、背中の方を見て、そのまま何事も無かったようにしているなら、ゆっくり体全体を優しく撫でてください。

この感触を覚えて、気持ちがいいとハムスターが喜ぶなら、いよいよハムスターを掴んで手の平に乗せる事ができます。

スポンサーリンク

ハムスターの手乗りデビュー

ハムスターを手の平に乗せることが出来たら、落ちてしまわないように、必ず膝をついて姿勢を低くしましょう。

大きな声はかけず、そのままハムスターを優しく背中側を無ててみましょう。

 

おとなしく撫でさせるのなら、ハムスターの表情が変わらなくとも、ハムスターは喜んでいます。

ハムスターの喜ぶ様子は、感情表現がほとんど行動の仕方で判断するしか無いんですよね。

 

ただ、嫌がってる場合は、動作をピタリと止めたり、急に逃げ出すのですぐわかります。

時間は10分以内くらいが良いですね。

 

部屋で自由に遊ばせてみよう

窓やドアをキチンと閉めて、室内に急に誰かが入室しないようにしたら、ケージの入り口を開放して、ハムスターをケージの外に出しても構いません。

その時は、ハムスターから視線をそらさずに、いつでもトラブルに備えて、余計な作業は手を止めましょう。

 

また、ハムスターをケージの外で遊ばせると、今後、何度かケージから脱出を試みることがあるので、しっかりケージの入り口を閉めたら、ナスカンなどで、開放されてしまうのをキチンと防いでおく必要があります。

 

ハムスターが喜ぶおもちゃ

何と言っても、自由に引きちぎったり、加えて巣を作ったりするのが、ハムスターにとっては喜ぶことなので、

新聞紙、あるいは薬剤のついていない紙などをちぎってケージに入れておくのも良いです。

 

ハムスターは形の面白さや、音にはあまり関心がありませんが、「噛みごたえがあるもの」が喜ぶものです。

ケージ内には、かじり木や様々な固い、かじられても安全な物を用意してあげましょう。

それに次いで、大好きなのがトンネル状の通路です。

 

非常に複雑な形状を好むので、ハムスターが通れる太さのパイプで、出来れば組み合わせてつなげるハムスターの遊具が市販されていますので、それをケージ内に設置すると、ハムスターは喜ぶことになります。

その際は、ケージの縁付近でハムスターがケージ周囲の紙やカーテンなどの布をかじらないように、ケージの周りは整理しておく必要があります。

ハムスターはどんどん慣れてくると、自分から走り寄って来たりするので、とっても可愛いですよ。


スポンサーリンク

 - 飼い方 , , , ,

  関連記事

ハムスターにブラッシングは必要ない。毛の手入れ方法について

飼育しやすいと言われる小動物の中でもハムスターは特に手入れの必要も少なく、多くの …

ハムスターの掃除方法6ステップ~準備する物か~掃除後のお世話まで~

「ハムスターの掃除頻度は月に1回がベスト。タイミングと注意点について」ではハムス …

ハムスターの喘息対策。原因と症状、おすすめの空気清浄機はこれだ!

ハムスターに限らず、ペットとの生活は私たちにやすらぎや楽しさをもたらしてくれます …

ハムスターの留守番は3泊まで!準備して出かける方法

ハムスターを飼っていると、なかなか行けなくなるのが旅行。 わたしもあまり旅行には …

ハムスターが出てこないのはなぜ?その原因と対処法

ハムスターといえば、エサをねだりに来る愛くるしい表情や顔を洗ったり、鼻をヒクヒク …

ハムスターの水浴びって必要?デメリットとその理由について

ハムスターに水浴びは必要? 自分にとっての一番のストレス解消法は「お風呂」。とい …

間違うと危険!ハムスターの正しい持ち方講座

ゲージの中の動きを見ているだけでも可愛いハムスターですが、時間が経ってくるとやは …

長生きするジャンガリアンハムスターの飼い方。性格や特長、おすすめグッズまで

みなさんはお家でどんなハムスターを飼っているでしょうか? 頭がよく、飼い主にもよ …

ピカピカにして清潔を保とう!ハムスターのケージの掃除のしかた

ハムスターは思った以上にきれい好きです。 ケージ内は常に清潔にしておきたいもので …

ハムスターと犬を一緒に飼うことは反対!その2つの理由

ハムスターと犬は相性が悪いですね。 というよりは良いということはありません。 ま …