ラブハムスター

ハムスターを15匹飼っている飼育人がお届けする、ハムスターのエサのやり方、ケージの掃除、脱走の問題など、飼育方法を中心にご紹介します。

*

暑い夏はハムスターにクーラーは必須!温度の設定と管理方法

      2018/05/10

ハムスターは暑さに弱いです。

もっとも寒さにも弱く低体温になったらすぐに疑似冬眠モードになってしまいます。

今回は、ハムスターにクーラーは必須なのか?温度設定についてなどをご紹介します。

スポンサーリンク

暑さに弱いハムスター

ハムスターが生活するための適温は20度から26度とされています。

人間が快適に過ごす、あるいは少し暖かいくらいの気温ですが、動物にしては温度の幅が狭いような気もします。

そして、26度を超えてしまうとハムスターに黄信号が灯ってしまうのですから、少々軟弱に思えるかもしれません。

 

寒さも心配ですが、暑い夏は特にハムスターはグロッキー状態になってしまうのです。

ハムスターの寿命は2年程度ですから、夏も2回くらいしか過ごすことができません。

 

そのため少しでも快適に過ごしてもらいたいものです。

ということでハムスターを飼うにあたっては温度管理を徹底するようにしましょう。

ハムスターは土に巣穴を作ります。

 

巣穴の温度は17度とされています。

野生のハムスターのほうが気温の変化に強そうですから、適温も広いのでしょう。

飼う環境も飼い主の住まいによってマチマチだと思いますが、暑い夏の場合はすぐに室温も26度を超えてしまうでしょう。

 

暑い夏は空調管理をしっかりと

暑い夏は温度管理をしっかりとしたいものです。

一番いいのはクーラーでしょう。

空調をしっかりするとハムスターも安心です。

 

しかし、暑い夏は家に誰かがいるとは限りません。

また、ハムスターのためにクーラーをつけっぱなしというのも経済的にはかなりの負担となるでしょう。

 

クーラーでも室温設定は28度にすることも多いので、それだとハムスターには暑いということになってしまいます。

クーラーを切っても誰もいない部屋の中では数時間程度は冷気が残ります。

ですから、すぐにハムスターの体に異変が起こるということはないでしょう。

 

仕事などの関係で朝から夕方まで家を留守にする場合は、クーラーをタイマーで稼働させるようにしましょう。

オンオフしかないクーラーでしたら、午前中だけ稼働して午後からオフにするのもいいですし、反対に午後からクーラーを稼働するようにしてもいいでしょう。

 

また、クーラーと組み合わせて保冷剤を活用するようにすると便利です。

ハムスターはケージの中でも涼しいところに移動します。

ですから、暑いと思ったら保冷剤を抱くようにして寝るときがありますし、冷えすぎたら保冷剤から離れるでしょう。

 

飼い主がハムスターに与えたものを、しっかりと活用してくれるのです。

思った以上にハムスターはかしこくて、環境に適応する能力がありますよ。

 

当然ですが、保冷剤はそのまま与えてはいけません。

最低でもタオルで巻くくらいの処置は必要です。

ペットショップでは保冷剤の入れ物を売っているのでそれを活用するのがベストでしょう。

スポンサーリンク

温度計を活用しましょう

ケージに温度計を備え付けるようにしましょう。

室内飼いがほとんどですから、それほど低温になることも高温になることもないかもしれません。

 

それでも、夏は誰もいない場合は平気で30度を超えることもあると思います。

そうなると、ハムスターは熱中症一歩手前でぐったりしてしまいます。

 

気温が目で見てすぐにわかるように、ケージに温度計を備え付けるようにしましょう。

そうすることで、飼い主も温度管理には敏感になることだと思います。

 

クーラーなどはオンオフを繰り返すよりも、つけっぱなしにしているほうが、つまり常に稼働させているほうが電気代が安上がりという説もあります。

実際にネットの口コミサイトではそういった書き込みがあふれています。

 

これからは、ペットを室内飼いしている家庭にとっては、クーラーを常に稼働状態にしておくことが普通になってくるのかもしれません。

もちろん、地域的な問題もありますが、夏場の室温が30度を超えるようでしたら、考えたほうがいい問題と言えるでしょう。


スポンサーリンク

 - 飼い方 , , ,

  関連記事

ハムスターが喜ぶことはこれだ!食べ物やおもちゃ、接し方まで

ハムスターを飼っていると、小さいながらもそれぞれに個性があることがわかります。 …

ハムスターはなぜ脱走するの?効果的な脱走対策まとめ

ハムスターが脱走する理由 ハムスターは外に出たがる、脱走する生き物だと思ったら、 …

なついてくれない!ハムスターが手を噛む原因まとめ

ハムスターが噛む力って、あの小さな体からは想像がつかないほど痛いですよね。 今ま …

おすすめのハムスターブログ【ゴールデン・ジャンガリアン・キンクマ】

ハムスターを飼っていると、他のお家のハムスターも気になってきます。 他のお家のハ …

暑さを乗り切れ!ハムスターの夏バテ対策。気になるクーラーの電気代は?

「夏バテする前にやっておこう!すぐできるハムスターの暑さ対策」では、ハムスターの …

ゴールデンハムスターの飼い方。性格や特長、ケージの大きさまで

一番古くから親しまれている元祖ハムスター みなさんは「ハムスター」と耳にして、ど …

ハムスターの歯は何センチがいいの?歯カットと歯ぎしりについて

ハムスターの歯ぎしりって? ハムスターが歯ぎしりす要因は、ストレスとか色々な説が …

包み込むように触るのがベスト!ハムスターの寿命がのびる正しく触る方法

小さくてふわふわしたハムスターを見ていると、触りたい!という気持ちがうずうずして …

ハムスターを掃除機で吸い込んでしまったときの緊急処置・チェック方法

ハムスターはきれい好きなのでケージは常に清潔に綺麗に掃除してあげたいですね。 そ …

ハムスターが外に出たがる理由。満足させるためにすべき6つのこと

ハムスターの行動範囲は広大! まずハムスターが外に出たがる理由は、「餌を探し回り …