ラブハムスター

ハムスターを15匹飼っている飼育人がお届けする、ハムスターのエサのやり方、ケージの掃除、脱走の問題など、飼育方法を中心にご紹介します。

*

ハムスターと犬を一緒に飼うことは反対!その2つの理由

      2018/06/29

ハムスターと犬は相性が悪いですね。

というよりは良いということはありません。

まずハムスターは近寄りませんから。

今回は、ハムスターと犬の相性について、一緒に飼うことについてをご紹介します。

スポンサーリンク

ハムスターと犬の相性は?

ハムスターは捕食される立場ですから、他の動物と馴れ合いになることはまずありません。

そうなると犬のほうはどう?ということになるのですが、犬は好奇心いっぱいですからハムスターに近づいていきます。

犬の種類にもよるのでしょうけど、ハムスターを捕まえて食べるということはないようですよ。

 

それでも仲良く遊ぶって感じではないでしょう。

そんなことはない、YouTubeなんかでハムスターと犬が仲良く遊んでいるところを見たことがある。

 

なんていう人もいることでしょう。

何事にも例外があります。

その動画は例外中の例外です。

珍しいから動画にして投稿したのだと思います。

 

確かに、寝そべっている犬の背中の上にハムスターが乗っていたり、猫がハムスターの体をペロペロ舐めていたりしたらホッコリするのでしょうけど、滅多にないですよ。

特に猫の場合はハムスターにとっては危険な動物だと思います。

前述していますけど、ハムスターは捕食される動物です。

 

肉食動物からしたら食べ物にしか見えないのです。

犬は長く人間に変われてきたので、よほどのことがないかぎり食べないらしいですけど、よほどのことがあるときがありますからね。

 

猫はネズミを捕まえることもありますから、ハムスターなんかは一発ですよね。

ハムスターにとって他の動物は、自分の命をつけ狙うハンターなのです。

 

ハムスターと犬は一緒に飼える?

結論からいうとハムスターと犬は一緒に飼わないほうがいいです。

特に犬を室内で放し飼いにしているのでしたらハムスターを飼うべきではありません。

第一として犬は好奇心が強くハムスターは格好の遊び道具になるのです。

 

ケージをグラグラ揺らすこともありますよ。

第二は、ハムスターのストレスですね。

 

捕食される動物ですから、ハムスターは極度に警戒心が強い動物です。

そんなハムスターの目の前に自分の数十倍もある犬がいたら血も逆流することでしょう。

犬のほうはハムスターにちょっかいをかける気満々なのですから、それはストレスも溜まると思います。

 

ハムスターと犬の相性を考えるとどう考えても相容れるものがありません。

これはハムスター側の問題となってしまうのですが、立場上捕食される動物と肉食動物ですから、相性が悪くて当然なのです。

ハムスターを食べる犬はいないと思いますが、ハムスターをおもちゃにする犬はたくさんいると思います。

 

ハムスターは遊ばれていると思ったら少しは気が楽なのかもしれませんが、そう思うハムスターはいないでしょう。

きっと食べられてしまうと思ってケージ内を走り回ることだと思います。

スポンサーリンク

犬とハムスターを一緒に飼いたい

おすすめはしませんが、どうしてもハムスターと犬を一緒に飼いたいとなると、犬を室内で放し飼いにするのではなく、ハムスターと同様にケージ内で飼うようにしましょう。

犬と遊ぶ散歩につれていく以外はケージの中ということですね。

お互いに相容れない動物を同じ屋根の下で飼うのですから、これは仕方ありません。

 

犬を室内で放し飼いにしていたら、飼い主のほうも心配で目を離すことができないでしょう。

そういった意味ではハムスターと犬を一緒に飼うのは飼い主にとっても大きなストレスになるかもしれません。

 

私の場合はハムスターメインですけど、何回は犬を預かったことがあります。

おとなしい犬だから大丈夫と飼い主さんは言っていましたけど、ハムスターと一緒に飼ったことはありませんからね。

 

案の定ハムスターにちょっかいをかけてきて、噛むとか食べる心配はなかったのですけど、ハムスターの毛が逆立ったのは見ていて感じましたよ。

ハムスターにとっては犬が寄ってくるだけで生死の境目にいるくらいの気持ちですから当然ですよね。

そんな経験を2度したので、ハムスターと犬は一緒に飼えないなと実感しました。

 

私の場合ハムスターメインですからね。

犬も一時飼いたいなって思ったこともあるのですけど、ハムスター大好きですから、犬とハムスターが同居できないと考えると選択肢は二つに一つですから、迷うことなくハムスターを選びました。

 

ハムスターの寿命は2年ですからね。生きている間は目一杯一緒にいたいですから、犬を飼っても犬の相手ができないかなって思いましたよ。

最後にまとめますけど、犬を飼っている家庭でハムスターを飼いたいって人もいるかもしれません。

 

そのハムスターと犬をきちんと隔離できる環境であればまだいいのですが、同じ部屋で飼うというのでしたら、おすすめできません。

というよりもハムスターがかわいそうなので強く反対したいところですね。

犬もハムスターもどっちも好きっていう人もいるのですけど、両方飼いたいと思うなら両方あきらめるほうが却ってすっきりするかもしれません。

どちらか一つにしっかりと決めましょう。


スポンサーリンク

 - 飼い方 , , ,

  関連記事

ハムスターにブラッシングは必要ない。毛の手入れ方法について

飼育しやすいと言われる小動物の中でもハムスターは特に手入れの必要も少なく、多くの …

ハムスターが快適に過ごせる春夏秋冬の温度と湿度。おすすめグッズ

ハムスターが生活するのに適した温度は20度から26度の範囲とされています。 周囲 …

ハムスターの威嚇行動について。心理状態から鳴き声、接し方

小さくてかわいいハムスターですが、飼い主がハムスターに噛まれるという話もよく耳に …

寿命が1年延びる!ハムスターにストレスを与えない飼育方法

「分かりにくいハムスターのストレスサインを読み解く12の行動」では、ハムスターが …

おすすめのハムスターブログ【ゴールデン・ジャンガリアン・キンクマ】

ハムスターを飼っていると、他のお家のハムスターも気になってきます。 他のお家のハ …

包み込むように触るのがベスト!ハムスターの寿命がのびる正しく触る方法

小さくてふわふわしたハムスターを見ていると、触りたい!という気持ちがうずうずして …

ハムスターの喘息対策。原因と症状、おすすめの空気清浄機はこれだ!

ハムスターに限らず、ペットとの生活は私たちにやすらぎや楽しさをもたらしてくれます …

ハムスターの掃除方法6ステップ~準備する物か~掃除後のお世話まで~

「ハムスターの掃除頻度は月に1回がベスト。タイミングと注意点について」ではハムス …

おしっこや臭腺、フンの原因別・ハムスターの臭い対策

ハムスターにはあまり臭いがありませんが、やはりぷ~んと臭ってしまう場合があります …

ハムスターの毛並みをツヤツヤに!ボサボサになる原因とは?

ハムスターの魅力はなんといっても毛並みの良さでしょう。 ついつい触りたくなるので …