ラブハムスター

ハムスターを15匹飼っている飼育人がお届けする、ハムスターのエサのやり方、ケージの掃除、脱走の問題など、飼育方法を中心にご紹介します。

*

ハムスターが外に出たがる理由。満足させるためにすべき6つのこと

      2018/09/04

ハムスターの行動範囲は広大!

まずハムスターが外に出たがる理由は、「餌を探し回りたい!」という強い衝動と習性があるからです。

ゴールデンハムスターなどの砂漠や高原に住む種類はそうでもないですが、ジャンガリアンハムスターなどは、

巣の周りの餌が枯渇すれば、数十キロの遠くへでも、夜中を利用して、移動するのが普通なのです。

 

ハムスターは基本的にオス・メスの繁殖でペアになる以外は、ほとんどが単独で行動しており、それぞれの餌場となる場所を確保しています。

しかも、地面に落ちているものを探して動き回る習性があるため、行動時間の朝方と夕方から夜には、餌があっても頻繁に餌を探し回ります。

これは、食料の場所は知っているが、ケージそのものが巣の中のようなものなので、「外に出たい!」といった行動が、その理由となっているからです。外に出たがるのを、無理に我慢させることも無いでしょう。

スポンサーリンク

ハムスターの外に出たがる時の対処法

ハムスターは元来、ケージというのは行動範囲を制限するもので、決してハムスターにとって広い場所ではないことを理解した上で、ハムスターたちに満足してもらうアイデアを6つ紹介しましょう。

 

1.回し車のグレードを上げる(よりカンタンにスムーズに回るものに変える)

2.ふたまわり大きなケージに変えて見る

3.複雑な構造のパイプを、ケージに設置してあげる(ジョイントハウス)

4.ケージの外にまで設置できる広いパイプ構造を構築する

5.ケージを2つ以上接続する

6.室内をお散歩させる

 

まず最初に考えるのは、ハムスターが心地よく、思い切り走り回って、ブンブン高速で回る回し車にグレードを上げることです。

中には、周りすぎて、ハムスターが振り落とされるほど、スムーズに回転するものがありますが、

ケージの中に鋭利で尖ったものがなければ、怪我はしませんので、使ってみるのも一考です。

 

充分満足したら、外に出たがるのも諦めてくれるかもしれません。

次に、ケージの大きさを思い切って2倍の広さにして、中に回し車や、ハウス、居場所をたくさん作るのも良いです。

またハムスターは上下によく昇り降りするので、そうした「設備」を備えてあげるのも良いですよ。

 

外に出たがる不満もこれで解消です。

次に、「ジョイントハウス」と呼ばれる、専用のケージにパイプを接続して、ハムスターが逃げないように、

自由にケージの外に移動できる設備を準備してあげることです。

これはなかなかハムスターが喜んでくれます。

 

費用は通常よりもかかりますが、ずっとこれからもハムスターを継続して飼いたいのなら、出費しても良いでしょう。

更に、ハムスターの高級マンションとも言える、上にも横にも下にも移動できる、ジョイントハウスを接続パイプでどんどん拡張することです。

ネットでは、驚くような規模のハムスター・ジョイントハウスが紹介されています。

 

複雑な規格の同じパイプが、縦横無尽に張り巡らされた環境で、これもう満足と言うか、ハムスターのための最上級の住環境でしょう。

更に、ケージ自体がパイプで接続できるケージも市販されているので、海外製品が多いのですが

費用に余裕があるなら、これも非常に良いです。室内の場所をかなり取りますが、ハムスター好きに憧れが正にこれですね。自由に設計して、ハムスターお気に入りの環境を構築する事ができます。

 

これらなら、2度と外に出たがるとは、流石のハムスターも思わないのは言うまでも無いでしょう。

また大きなゴールデンハムスターなら、ペットショップでは専用のハーネスやリードが市販されているので、

それをハムスターに取り付けて、キチンと管理しながら自由に室内を遊ばせる方法もあります。

これなら、ハムスターは外に出たがる時に自由に出すことが出来るので、大変便利です。ただし、お散歩は室内だけに留めてくださいね。

スポンサーリンク

外に出たがるなら、出しても良い?

やはり習性を考えると、どのハムスターも外に出たがる時に、出してあげる方がストレスは解消されるようです。

中には、夜に自由に外に出して、その後にケージに入れると、寝床ですぐに寝てしまう子もいるそうです。

やっぱり、自然と同じように、外に出たがるのは、ハムスターの性でもあるので、これはしょうが無いとも言えます。

 

室内でお散歩

室内でのお散歩は、小型のドワーフハムスターなら、広い見通しの良い部屋で、隠れる場所を塞いだ形で遊ばせるのが良いです。

その際は、必ずハムスターの動きを目で追うようにしなければ、ちょっとしたスキに見失い、大変な騒ぎになります。

 

ゴールデンハムスターや、キンクマハムスターなどは、体が大きいので、専用のハーネスやリードが上手くつけられるので、

日頃から取り付ける訓練をしておき、外に出たがる時に、素早くつけて、室内をお散歩させるのが良いです。

 

事故に充分気をつけて!

いずれにしても、ケージをつなげたり、複雑な構造にしたり、お散歩させる場合も、観察が出来るように視界を確保する工夫は必要です。

接合が不完全で逃げ出したり、お散歩でうっかり踏みつけたりの事故には気をつけましょう。

 

逃げる時のハムスターは本当に素早いので注意してください。

やっぱり思いっきり動き回れる環境を、ハムスターには用意してほしいものです。


スポンサーリンク

 - 飼い方 , ,

  関連記事

ハムスターがとろーんとしちゃう気持ちのいい触り方

ハムスターは触り心地がとてもいい動物です。 ですからついつい触りたくなってしまい …

危険すぎる!ハムスターが冬眠する室内環境とその原因とは?

ハムスターと冬眠の関係性 「緊急用!ハムスターが冬眠したときの起こす方法と永眠か …

なついてくれない!ハムスターが手を噛む原因まとめ

ハムスターが噛む力って、あの小さな体からは想像がつかないほど痛いですよね。 今ま …

ハムスターが出てこないのはなぜ?その原因と対処法

ハムスターといえば、エサをねだりに来る愛くるしい表情や顔を洗ったり、鼻をヒクヒク …

ハムスターを同じケージで2匹飼うときのポイントと注意点

ハムスターの写真を探していたりすると、2匹のハムスターが仲良く並んでエサを食べて …

夏バテする前にやっておこう!すぐできるハムスターの暑さ対策

ハムスターは暑さにも寒さにも弱い動物です。 そのため、30度を超える夏日が続くと …

安全なハムスターの散歩方法~部屋の準備から時間、返す方法まで

「ハムスターに散歩は必要?本能的に外に出たがる7つの理由」ではハムスターの散歩の …

ハムスターが喜ぶことはこれだ!食べ物やおもちゃ、接し方まで

ハムスターを飼っていると、小さいながらもそれぞれに個性があることがわかります。 …

ハムスターの威嚇行動について。心理状態から鳴き声、接し方

小さくてかわいいハムスターですが、飼い主がハムスターに噛まれるという話もよく耳に …

旅行に行くときのハムスターの留守番方法。何日までが目安?

みなさんも経験があるかもしれませんが、ペットを飼っていて一番困るのは、飼い主が旅 …