ラブハムスター

ハムスターを15匹飼っている飼育人がお届けする、ハムスターのエサのやり方、ケージの掃除、脱走の問題など、飼育方法を中心にご紹介します。

*

便利なペットホテルを活用しよう!ハムスターの預け方から料金、ホテルの選び方

      2017/08/25

忙しい毎日を送る私たちにとって、家に帰ってからハムスターのモフモフした姿が迎えてくれるのは、生活に癒しを与えてくれる大切な時間です。

年末年始やゴールデンウイーク、お盆休みなど…疲れが溜まってきた時には、長期休暇でゆっくり旅行に出掛けるのを楽しみにしておられる方も多いかもしれません。

しかしそんな時に悩まされるのは、いつも癒してくれているハムスターを旅行中どこに預けるか…?

 

旅行となると暑さや寒さに弱いハムスターを自宅に置いていくわけにもいかず、安心して預けられる家族や友人が近くにいないとなると、余計に心配になってしまうもの…。

そんな時に、新たな選択肢として注目が高まっているのがペットホテルです。

 

でもペットホテルって利用したことがないし、お値段や環境にも少し不安があるという方も多いはず。

今回はハムスターをペットホテルに預ける際の予算やチェックポイントなどをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

気になるペットホテルの予算は?

旅行中も安心してハムスターを預けられるところにお願いしたいと思いながらも、やはり気になるのは宿泊中のお値段ではないでしょうか?

ペットの場合、動物病院での治療費も病院によって大きな差が生じることもあり、ペットホテルについても大まかな予算が事前に分かれば、安心して預けられるはずです。

 

ペットホテルと言っても形態はさまざまで、手ごろなお値段で預けられるホテルや充実したサポートを用意してくれているホテルなどコンセプトが異なります。

目的と予算に合わせて、賢くペットホテルを選択することがおススメです。

ペットホテルでのハムスターの宿泊代金は施設により様々ですが、大きく2種類に分けてペットホテルの予算をご紹介したいと思います。

 

できるだけ予算を抑えて宿泊したい場合

旅行などの期間が長くなる場合には、ハムスターをペットホテルに預ける期間も長くなり、宿泊代金も高くなってしまいます。

そのような場合にできるだけ予算を抑えたいときは、「シンプルに不在にする期間預かってもらう」ことを中心にしてペットホテルを選ぶと良いでしょう。

 

預かってもらうことを主な目的と考えた場合、ペットホテルを併設しているペットショップを選ぶというのもおススメできる選択です。

特に大手ペットショップの場合にはペットホテルを併設するタイプのお店を多く展開している場合もあり、自宅近くでペットホテルを探すことができるのも利点のひとつと言えるでしょう。

 

預かってもらうことをメインに考えた場合の宿泊予算としては、1泊1000円前後から予算を考えることができるでしょう。

もちろんこれも目安となりますので、ペットホテルによっては1泊1000円以下で宿泊可能なお店もあるようです。

 

ハムスターにとっての快適さを重視したい場合

不在期間がかなり長くなる予定だったり、ハムスターが持病を持っていたりする場合には、ペットホテルに預かってもらっている期間もとても心配になるはずです。

そのような場合におススメなのが、ハムスターの快適さを追求したタイプのペットホテルです。

 

具体的には、動物病院に併設されているペットホテルや何か問題が生じた場合にすぐに動物病院での治療が受けられる体制を整えているペットホテルがこれにあてはまるでしょう。

ハムスターは自然界では常に捕食動物から狙われる存在のため、周囲の状況の変化にはとても敏感な動物です。

そのため、普段生活している自宅とは異なるペットホテルで過ごすとなると大きなストレスを感じてしまいます。

 

小さなハムスターにとってはこのストレスが一番の体調悪化の原因となるため、特に不在期間が長期に及ぶ場合などはペットホテルを慎重に選ぶことをお勧めします。

動物病院での治療保証付きペットホテルの場合にはお値段が高額になる場合もあり、平均的に見ても1泊3000円~5000円、もしくはサービスによってはそれ以上の値段になる場合もあります。

 

ペットホテルを選ぶ際のチェックポイントとは?

では、予算以外にはどのような項目に注目してペットホテルを選ぶのが良いのでしょうか?

 

普段使用している物を持ち込むことができるか?

周囲の環境が変化してしまうだけでもハムスターにとっては大きなストレスです。

それに加えてゲージや巣箱、エサの種類まで変わってしまうと、さらにストレスを感じてしまいます。

ペットホテルを選ぶ際にはいつも使用しているエサや飼育用品をそのまま持ち込んで使用してもらえるかを事前に確認しましょう。

スポンサーリンク

ハムスターの宿泊場所はどのようなところか?

私たちがホテルを選ぶのと同じように、ペットホテルに宿泊するといっても施設の状況は様々です。

ハムスターのペットホテルを決める前には、ハムスターの宿泊する予定の場所がどのようなところになるのか以下の点を確認しておきましょう。

 

ハムスターの宿泊するお部屋には他の動物も宿泊する予定なのか?

ハムスターは周囲の状況にとても敏感な動物です。

特に音や匂いの変化には大きなストレスを感じてしまいます。

 

例えば、ハムスターの宿泊部屋に犬や猫、爬虫類などの動物が宿泊する予定の場合、その鳴き声や匂いによってハムスターは大きなストレスを感じてしまいます。

また、小動物専用の部屋に宿泊予定だとしても、フェレットなどの肉食動物が同じ部屋かどうかも事前に確認しておきましょう。

 

宿泊部屋の温度管理は適切か?

ハムスターに適切な飼育温度は20℃~26℃前後です。

多少室温が前後しても問題ありませんが、特に夏場や冬場にはペットホテルの室温管理がどのようになされているのか確認が必要です。

 

問題が生じた時の対応がはっきりしているか?

ハムスターなどの小動物は体調の変化が急に起こる場合があります。

特に旅行中などであれば、ペットホテルに預けている時に予期せぬ問題が生じたとしても連絡が付かないこともあり得ます。

 

そのような場合にペットホテルとしての対応を事前にしっかりと伝えてくれる、または確認してくれるかどうかはペットホテルへの信頼感を左右する重要なポイントとなるでしょう。

少し高額にはなりますが、この点では動物病院での治療付きペットホテルがやはりおススメです。

 

実際に預ける場合の手順は?

では、ペットホテル選びが終わって実際に預ける場合にはどのように準備すれば良いのでしょうか?

自宅からゲージなどを移動する準備を始めている段階で、ハムスターもきっとソワソワし始めているはずです。

 

なるべく移動中もストレスがかからないように、ゲージは段ボールなどで覆い、周囲の変化が気にならないようにしてあげるのがベストです。

また、自宅で使用していた飼育用品はなるべく持って行くようにし、毎日のエサの時間やかかりやすい病気などについても従業員の方に伝えるようにします。

 

詳細な情報をお伝えしすぎると迷惑がられるのでは?と感じるかもしれませんが、万が一何か問題が生じた時に、普段の飼育スタイルを伝えておけばペットホテルの従業員の方も対応しやすくなるはずです。

メモにするなどしてお伝えすると、ペットホテルとしても丁寧な対応を心がけてくれるかもしれません。

 

まとめ

ペットホテルにハムスターを預ける時には、予算やホテルの環境など不安な点も多くありますが、最重要ポイントとしてはペットホテルを選ぶ前に実際に足を運んでみることでしょう。

ペットホテルといっても私たちが宿泊するホテルと変わらない値段を支払う場合もありますので、実際に自分の目で見て飼育環境をしっかりチェックしておくことをお勧めします。

不在期間にも安心して預けられるペットホテルを見つけることができれば、これからのハムスター飼育もずっと楽になることでしょう。


スポンサーリンク

 - 飼い方 , , , , , , , , , , ,

  関連記事

ゴールデンハムスターの飼い方。性格や特長、ケージの大きさまで

一番古くから親しまれている元祖ハムスター みなさんは「ハムスター」と耳にして、ど …

初心者必見!元気な赤ちゃんを産むためのハムスターの出産まとめ

1匹飼育でも十分ペットとしての魅力を備えているハムスターですが、赤ちゃんハムスタ …

寿命が1年延びる!ハムスターにストレスを与えない飼育方法

「分かりにくいハムスターのストレスサインを読み解く12の行動」では、ハムスターが …

夏バテする前にやっておこう!すぐできるハムスターの暑さ対策

ハムスターは暑さにも寒さにも弱い動物です。 そのため、30度を超える夏日が続くと …

ハムスターの水浴びって必要?デメリットとその理由について

ハムスターに水浴びは必要? 自分にとっての一番のストレス解消法は「お風呂」。とい …

安全なハムスターの散歩方法~部屋の準備から時間、返す方法まで

「ハムスターに散歩は必要?本能的に外に出たがる7つの理由」ではハムスターの散歩の …

暑い夏はハムスターにクーラーは必須!温度の設定と管理方法

ハムスターは暑さに弱いです。 もっとも寒さにも弱く低体温になったらすぐに疑似冬眠 …

ハムスターが外に出たがる理由。満足させるためにすべき6つのこと

ハムスターの行動範囲は広大! まずハムスターが外に出たがる理由は、「餌を探し回り …

ハムスターの毛並みをツヤツヤに!ボサボサになる原因とは?

ハムスターの魅力はなんといっても毛並みの良さでしょう。 ついつい触りたくなるので …

初めての赤ちゃんハムスターの育て方。餌の量から掃除方法まで

ペットを飼っていて一番うれしい瞬間とはどんな時でしょうか? きっとペットが自分を …